整体・マッサージを満足度で選ぶなら渋谷代々木なごみ整骨院 | 代々木上原・代々木八幡

Blog記事一覧 > 産後骨盤矯正の記事一覧

骨盤矯正だけではない産後の姿勢(猫背)悪化は肩こり、産後太りの原因

2017.10.20 | Category: 産後骨盤矯正

産後の姿勢(猫背)

疲れやすかったり、呼吸が浅く感じることはないでしょうか?
授乳や幾度となるおむつ交換など下向きの作業が多くなり、
姿勢が悪く、気付けば猫背になっていることがあります。

ご主人と出掛けた時など、後姿を見て姿勢の悪さを指摘されたり
ガラス越しに写る自分の姿を見て、「昔はこうじゃなかった・・・」
と感じることもあるのではないでしょうか?

出産後は骨盤のケアも大切ですが、
【見た目の美しさ~カラダのライン】を作っていくことも
骨盤ケアと同じくらい大切なことです。
骨盤を安定化させるためにも姿勢は非常に重要になってきます。

なぜ産後は姿勢が悪くなりやすいのか?

 

①育児での姿勢悪化

授乳、おむつ交換、抱っこひもなどで
前傾の姿勢が増え、姿勢が悪化してきてしまいます。

猫背になると
骨盤を後傾させポッコリお腹になったり
肋骨の動きを悪くさせ、呼吸が浅くなり
全身に十分に酸素が行きわたらなくなり
睡眠をとっても疲労が抜けきらなかったりしてしまいます。

②インナーマッスル(筋力)低下による腹圧の低下

出産は骨盤周囲の筋肉などが緩み
骨盤が徐々に開いていくわけですが
その筋力が産前に戻らないことで
腹圧も低下し背骨自体を支える力が低下して
姿勢が悪くなっていきます。

今すぐできる対策

対策としては、
お腹をへこませて洗い物したり授乳するなど意識的にお腹に力を入れて
腹圧を上げてあげることが重要です。

腹筋なども重要ですが
育児で忙しい中、そのために時間をとって行うのは
なかなか大変な事なので
例えば家事などで立っているときに
お腹をへこませるなどがおすすめです!

キレイは姿勢から☆ママになってもきれいでいたいですね^^

▼なごみ整骨院の産後骨盤矯正はこちら▼

空き状況が分かる!即時予約!
ご予約はネットからも24時間できます

産後の恥骨痛

2017.10.12 | Category: 産後骨盤矯正

産後の恥骨痛

産後のママにとても多い恥骨痛。
立ったり座ったり、脚を開脚するときなど
動作をする時に痛みを感じることが多く見られます。
 

恥骨痛のメカニズム

産後の恥骨痛はホルモンの影響で、
出産しやすい様に骨盤を緩くするため
骨盤を固定している靭帯や筋肉が緩んでいきます。
その際、出産するときに
恥骨かかる負担も大きくなり
恥骨の痛みとなって現れます。
 

 
お子様が大きかったり、スピード出産などでは
恥骨に掛る負担は特に大きいようです。
 
両方の骨盤の間に恥骨結合と言って
軟骨部分でつながっていますが、
ここがはがれる方向に力が加わり
痛みがでてきてしまうのです。
 

痛みを軽減するには

まずすぐにできることは
産後専用の骨盤ベルトで骨盤を固定させることです。
 

 
骨盤が安定するまで、3ヶ月から半年
骨盤ベルトで固定をする必要があります。
 
外側から固定する事によって
恥骨への負担が減り
痛みが軽減して行きます。
 

固定だけでは時間がかかってしまう…

しかし、固定しているだけでは
恥骨の痛みが治まるのに時間がかかってしまいます。
なぜなら、骨盤が開くともにゆがみが発生しているからです。
ゆがみがあると、股関節の動きも悪くなってしまいます。
(仰向けで膝をお腹に近づけていくと脚の付け根が痛い・・・
そのまま外側や内側に開いたり捻ったりすると痛い・・)
 
そのため、
骨盤の矯正と【股関節の矯正】も必要になってきます。
この股関節の矯正を行わない為、
なかなか恥骨の痛みが取れないわけです。
 
その股関節の調整不足が
立ったり座ったり、歩いたりして起こる
恥骨の痛みが治まらない原因です。
 
出産後、骨盤が不安定で恥骨に痛みが出ている場合、
股関節が硬いと股関節だけで動かず
骨盤も動かそうとするため
恥骨に牽引力が働くことで恥骨に痛みが出てしまいます。

 

恥骨痛を改善へ最短の方法

これらのことをふまえると
以下の順序で行っていく事が
恥骨痛の改善への近道です。
 
① 骨盤のゆがみを改善する
② 骨盤の開きを改善する
③ 股関節の動きを改善する
④ 骨盤ベルトで固定し安定化を図る

 
産後は半年かけて骨盤が固定されていきますので
ゆがみがあるとそのまま固定されてしまいます。
 
しっかり治療計画を立てながら
産後のケアを行っていくことをおススメしております。

 
 
▼なごみ整骨院の産後骨盤矯正はこちら▼

出産後、一番ママを悩ます『お腹のたるみ・・・』

2017.10.11 | Category: 未分類,産後骨盤矯正

出産後、一番ママを悩ます『お腹のたるみ・・・』

体重が産前に戻ってもお腹のたるみだけは
なかなか改善しにくいものです。



産後の骨盤矯正でお尻周りは引き締まりズボンが履けても
次の難関は

お腹周りのウエストライン

このお腹周りをいかに引き締めていくか、
他力本願ではなく多少のママの努力も
必要になってきます。

たるみの原因は

①皮膚のたるみ

大きくなったお腹が出産によって急にしぼむため、
余った皮膚がたるんでしまいます。
これはターンオーバーを早くし
代謝を高めにいかなければいけません。

②腹直筋離解

出産により腹筋の真ん中が裂けてしまうことで
お腹がたるんできてしまいます。
大きくなったお腹は徐々に腹筋が裂け
へそを中心に上下に裂けてきます。
これを腹直筋離解と言います。

すべてのママではないですが、
ほぼ9割のママに腹直筋離解は見られます。
腹直筋離解になると
腹圧が上がりにくくなるため、
腰痛にもなりやすく
カラダに力が入りづらいといった
感覚がするママもいらっしゃいます。

腹筋は呼吸の際にも重要な筋肉である為、
腹直筋離解により呼吸の際吐ききれなくなり、
呼吸が浅くなりやすく疲れやすくなります。

③骨盤の開き

出産で骨盤が開いたこと、
腹直筋離解による腹圧低下、
インナーマッスルの低下
によって骨盤が開いてきます。

また、内臓が下垂し、
お腹がポッコリ出てきてしまいます。
一日何度も行う授乳やおむつ交換などで
姿勢悪化が代謝の低下となり
さらにはお腹だけではなく
カラダ全体のたるみとなってしまうんです。

育児の合間に
なかなかカラダを動かすことは
出来ないと思いますので
いかに生活の中に効率よく
カラダを引き締めるエクササイズを組み込んでいくか
工夫していくことが大切ですね!

★自宅で一人でできる方法★

お腹はとにかく暇さえあればへこまして腹圧を上げる!
洗い物、掃除、洗濯、授乳中などお腹をへこましながら行う
そうすることでインナーマッスルや腹筋などに力だが入り
お腹のたるみの改善や腹直筋離解の改善にも効果が出てきます。

▼なごみ整骨院の産後骨盤矯正はこちらから▼

産後の股関節の痛みをどんな方法で解決しますか?

2017.09.18 | Category: 産後骨盤矯正

産後にお子様の育児で立ったり座ったりするときに

ん?なんか変だぞ股関節が痛い・・・(>_<)

そう感じていないでしょうか?

育児していると立ったり座ったりという動作は

育児前と比較すると格段に増しています

でも、それが原因というのはほとんど小さいんです!

どちらかというと引き金って感じでしょうか。

産後だけに骨盤の開きが問題なわけですが

どうして股関節が痛くなるのでしょうか?

出産により骨盤が開いてくるのですが

その際に股関節も外側に開いてきます

股関節が外側に開くと、体重のかかり方が違ってくる

そのことで立ったり座ったりの動作で通常より開いた

股関節に負担がかかり痛みとしてでてきます

しかし、骨盤だけの調整では改善しません!

股関節の調整も確実に行ってくださいね!

ただし、ボキボキしても骨盤がボキボキ矯正

されているわけではないため矯正はできていないので

しっかり確認して治療院を選んでくださいね!(^^)

”産後ケア”安さを求めますか?結果を求めますか?

2017.07.26 | Category: 産後骨盤矯正

当院へお越しの産後ケアのお客様

時に、他院へ通っていたけど一向に変化が出なくて

当院へご来院される方も比較的多いです

自身で探される方もいらしゃれば、ママ友にご紹介いただき

ご来院していただいておりますが

みなさま口々に「お手頃だったのでなんとなく

通っていたけど一向に変化を感じられなくて・・・」

と、いうママが本当に多い

 

その間の時間もお金もムダだなと感じます。

確かに当院は他と比較し少し高く感じるかもしれません

しかし、8回で終了するというゴールが見えていること

変化を初回から感じられることに関しては

他には負けない自信があります。

 

目先の安さを求めて時間とお金をムダにするより

少し高くても短期間で結果を出せるところの方が

良くないですか?

 

実際に他に通っていた方を検査すると

どこを施術してたんだろう??と思うほど

変化を感じない方もいらっしゃいます

 

まだお子さんも小さいですので時間を無駄にしないで下さいね!

それでも当院が不安なあなた

このブログをお読み頂いた方に限り

返金保証をつけさせていただきます!

 

もし1mmも変化を感じられなければ

かかった料金を全額返金致します!

遠慮なくお申し付けください。

 

ぜひ、当院の産後ケアを受けてみてください!

画像や体感で変化を体験していただきます(^ ^)

 

産後ケアで結果を求めるなら渋谷代々木「なごみ整骨院/整体院」

産後お腹たるみ必見!『アスリートも実践!10秒でできるお腹引き締め』

2017.06.07 | Category: 産後骨盤矯正

なかなかお腹のたるみが改善しない産後ママ!

日々の中で何を意識して生活すれば良いのか?

考えていきましょう!

<目次>

1.産後のお腹はどうなっているのか?

2.産後、カラダに及ぼす影響

2−1日常生活の動作が辛い
2-2呼吸が浅くなる
2-3美容面では
2-4腰痛になりやすい

3.アスリートも実践!10秒でできる体幹を造るドローイン

4.お子様にとっての”理想のママ”

 

1.産後のお腹はどうなっているのでしょうか?

妊娠から出産にかけて骨盤を支えている筋肉が緩み

出産を迎えるわけですが、そのためママはカラダの

軸(支え)が弱くなっているので力が入りづらく

赤ちゃんを抱っこして立ち上がることも大変だったりします。

それからカラダを支えるために重要な腹筋が

10ヶ月の妊娠生活で”裂けてきます”

これが『腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)』と言って

おへそを中心に上下縦に裂けてきます。

これは、個人差があって長さ・幅・深さ

小さい方もいれば、指の第2関節まで

お腹の中に入っていくくらい裂けている方もいらっしゃいます。

 

腹筋が裂けるとどうなるのか?

 

2.産後、カラダに及ぼす影響

2−1日常生活の動作が辛い

まず、腹筋が裂けているとどうなるのか?

体幹は背中側の筋肉とお腹側の筋肉で支えあっています。

妊娠、出産後腹筋が裂けると腹筋自体の筋力が低下するため

カラダに力が入りづらくなります。

例えば、立ったり座ったりの動作や、お子さんを抱きかかえる

などといったことが重労働になってきます。

だから、出産後のママは疲れやすいんですね!

 

2−2呼吸が浅くなる

腹筋は肋骨の下部にくっついていて、呼吸のサポートをしています

腹筋が裂けることで筋力が低下すると本来の呼吸より

呼吸が浅くなります。

では、呼吸が浅くなるとどうなるのか?気になるところです

・質の良い睡眠ができない

・代謝が低下する

・疲れやすい

・肋骨が開きくびれがなくなる

 

2−3美容面では

腹筋が裂けると当然腹圧(お腹側から支える圧力)が低下

してきますから内臓が下がりやすくなり下腹部が

ボッコリとしてきます

 

 

2−4腰痛になりやすい

先ほど腹圧のことをお話ししましたが、腹筋は腰痛ベルトのように

お腹側から体幹を支えているため腹圧が低下すると

反り腰になりやすくなります。

反り腰はずっとうつ伏せで寝ていると腰が痛くなるのと同じで

腰の骨の関節に負担が大きくかかり腰痛として症状に現れます。

 

 

腹直筋離開は様々な問題がカラダに起きてきます

では、どのように改善していけば良いのでしょうか?

 

3.アスリートも実践!10秒でできる体幹を創る”ドローイン”

あなたの腹筋は裂けていたでしょうか?
普通に触っても分からないですが、仰向けに寝て腹筋のトレーニングを

するように頭を持ち上げておへそを覗き込む格好で止めて

おへその下をぐりぐり触るとへこんでいるのが分かると思います

どうでしたか?確認できましたか??

 

これを早く改善したるんだお腹を引き締めていきましょう!

それには、お腹をへこませる!!!

お腹が背中にくっつく位にお腹をへこませ

ここからが大事です

お腹をへこませたまま、いきむ感じに下っ腹に力を入れる

その時に裂けている腹筋を左右からくっつけるように

腹筋を外側からおへそに向かって押す

これを10秒

たったこれだけです!

コツが分かれば座ってもできるし、電車の中では腹筋は押せないので

お腹をへこませて力をいれるだけで大丈夫です。

洗い物の時もできるのですごく簡単なエクササイズですね

運動となるとみなさん絶対やらないので簡単にできる

お腹へこませ運動でお腹の引き締めを実現させましょう!

 

4.お子様にとっての”理想のママ”

お子様が保育園や小学校、中学校と成長しお友達のママと

見比べる機会も増えてきます。

そんな時”理想のママ”でいてほしいものです

その場面に出くわし、もう少し産後にケアしておけば良かった

と後悔しないためにしっかりと産後のケアをしましょう!

一人目より、二人目になるとさらに骨盤や腹直筋離開は

酷くなりやすいです。

大切なお子様のためにも”理想の素敵なママ”でいて下さいね(^^)

産後のケアは渋谷代々木「なごみ整骨院/整体院」

産後腱鞘炎

2017.06.02 | Category: 産後骨盤矯正

産後お子さんを沐浴させる際、頭を支え耳をふさいであげることの

繰り返しで、手首に激痛がでるママがいらっしゃいます。

この痛み結構、憂鬱な痛みです。手は使わないわけにはいかないし

でも使う度に激痛が走る・・・

 

ママにとって子育中の痛みなのでなかなか改善しにくいのも事実です・・・

そんな中、一番効果があるのは”注射”です!

ただ、ステロイドを使ったりするため授乳されているママは

一週間程度断乳になります・・・

 

となると現実的ではないですよね

ママもお子さんも大変になります。

乳腺炎にでもなったらそれこそ大変ですよね

 

あとは、物理療法の治療となります

いわゆる電気をかけたりマッサージしたり

な~んだと思われたママ!

 

今の電気は優れモノなんです!!!

どこにでもある低周波や干渉波といわれる

電気だと効果は実感できないですが

高周波の電気治療はその場で効果を実感できるんですね~

 

痛みで動かせない・・・という方はある程度手首を動かせるようにあなったり

軽い腱鞘炎なら限りなくゼロに近いレベルまで改善できるんです!

さすがに重症の方は手首を動かせるくらいのレベルまでですが

治療後、固定など負担を掛けずにいれば回復は早くなります。

 

育児で手首が痛いママ

早めの治療が大切ですよ!

産後のケアと痛みの治療なら代々木「なごみ整骨院/整体院」へ

産後の膝の痛みについて

2017.05.23 | Category: 産後骨盤矯正,膝痛

産後2ヵ月を過ぎてくると膝の痛みが出てくる方がいらっしゃいます

膝といってもお皿の上・下・内側・外側で原因は異なってきます

産後のママが一番多い膝の痛みは、お皿の上の痛みです

オムツ交換などで今までなかった立ったり座ったりの動作が増え

さらに、お子さんを抱っこして立ったり座ったりが増えると

お子さんの体重もプラスされるため膝には大きな負担がかかります

 

では、なぜお皿の上が痛くなるのでしょうか?

立ったり座ったりの動作は太ももの前の筋肉がすごく使われます

この太ももの前の筋肉はお皿にくっついているので

お子さんを抱いての動作はより強い力が加わりお皿を引っ張る

力が益々強くなっていくわけです

 

そうなると皿にくっついている筋肉と

お皿の境目が炎症を起こし痛みとしてでるわけです!

いわゆる”腱鞘炎”ってやつですね

 

立ったり座ったりで気になる方も多いですが

捻ったりして痛めたわけではないので完治が良いです

ただ、日常生活でお子様の育児が一段落しないと

繰り返しになってしまいます。

 

対処については、産後のケアでご来院時に一緒に治療

していきますが、産後ケアをされない方は太ももの筋肉の

緊張をとるようなストレッチやマッサージをして柔軟性を

高める様にしてくださいね!

 

産後で膝の痛みも整形外科出身パパ施術家の当院へ!

 

産後ケアで骨盤矯正をお探しなら

2017.05.22 | Category: 産後骨盤矯正

産後の骨盤ケア、産後骨盤矯正でお越しのお客様が

骨盤ベルト(トコちゃんベルト)をされている方も

多いですが、かなりの確率でつけ方(つける位置)が

間違っている方が多いです!

 

せっかく産後の骨盤のケアとしてされているわけですから

短期間で効率よく終わるようにしていきたいですね

当院では、産後の骨盤矯正はもちろんですが

自宅でのケアの方法やトコちゃんベルトのつけ方など

指導し、骨盤矯正の効果が持続しやすくまた、

短期間で終わるようにトータル的にケアをしています。

 

整形外科勤務での臨床経験をもとに

15年の実績を誇る実績でご紹介で選ばれ続けております。

決して安い金額ではないかと思います。

産後の骨盤矯正も私が始めた頃はまだ周りではやっている方も少なく

産後のケアをするということすら馴染みがありませんでした

最近は、巷で流行っている感じで安さを提供したり

片手間にやっていたりするところも多いようですが

 

当院は産後ケアに特化し整形外科の経験をもとに

西洋医学など骨格のプロとしてそしてパパ施術家として

ママのことが誰よりも分かっているつもりです!

 

ちなみに、「ボキボキ」するところもありますが

骨盤がボキボキなっているのではなく腰が

ボキボキなっているので骨盤が矯正されている

わけではないので、そういうところは気をつけたほうが

いいかもしれません。

 

パフォーマンスとしてボキボキすると矯正されたように

感じてウケがいいみたいですからね!

そんな小手先のテクニックに騙されないように

して下さいね!

 

効果と安全をお求めなら

渋谷代々木「なごみ整骨院/整体院」をご利用ください!

産後の足の付け根の痛みを改善するポイント

2017.04.04 | Category: 産後骨盤矯正

産後に足の付け根が痛くご来院されるママもいらっしゃいます。

この足の付け根の痛みは、育児で立ったり座ったりするママにとって

足の付け根の痛みは深刻です・・・。

みなさんはいかがでしょうか?

 

 

実際、産後にどうして痛くなるのでしょうか??

産後なので骨盤の開きが影響しているわけですが

下記の図は骨盤を正面から見た画像になります。

出産で骨盤が開くことによって股関節も若干ではありますが

外にせり出してきます。だから、産前のパンツがきつく感じるんですね~

この股関節が外にせり出すことで股関節自体の動きが悪くなり

足の付け根の痛みがでてくるわけです。

(足の付け根の痛み=股関節の痛みなんですね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、産後に足の付け根の痛みが出た場合どうしたらよいのか?

産後に開いた骨盤を戻すだけでは足の付け根の痛みは改善されません

なぜかというと、骨盤の開きを戻しただけでは股関節の動きが改善していないからです!

 

産後の骨盤の開きを戻すのは大切なことですが

それと同時に骨盤の動き=股関節の動き=股関節の関節の動きを

改善しないと症状は改善しません。

今まで行った治療院さんでその場で痛みが改善したことありますか?

 

当院はその場で痛みの変化を実感できることができるのは

産後の骨盤の開きだけではなく、股関節の動きをよくすることで

足の付け根の症状を改善できるんですね!

 

整形外科勤務の時にかなり多い症例でしたので

産後の足の付け根の痛みは少々得意です!(^^)!

ただでさえ大変な育児でカラダのどこに痛みがあっても

ママは気になり大変になってきますので

育児で時間もとれないと思いますが、悪化する前に

足の付け根の痛みが気になったら

 

渋谷「代々木なごみ整骨院/整体院」へ

 

渋谷代々木公園駅・代々木八幡駅徒歩2分「代々木なごみ整骨院/整体院」

WEBでの予約が可能となりました!トップページよりご予約か電話にて

受け付けております。

当院へのアクセス

なごみ整骨院

所在地〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-44-7 サンライズビル
電話番号03-6407-0753
予約予約優先
駐車場隣にコインパーキング有
院長 塚本 和繁

ページトップへ