TEL 24時間ネット予約

マタニティ整体 | 整体・マッサージを満足度で選ぶなら渋谷代々木なごみ整骨院 | 代々木上原・代々木八幡

サイトホーム 24Hネット予約 アクセス お問い合わせ

妊娠したら《健康チェック!》

まずは《プレママ健康度・簡単チェック》です。
下のチェック表を使って、あなたのプレママ健康度をチェックしてみてください。

以上の10のチェックのうち5つ以上該当するプレママさんはご自身の体調ケアを見直す必要があります。
あなた自身が気づかない内にダメージを蓄積している可能性があります。
そのダメージがおなかの中の赤ちゃんに影響する前に東洋医学的ケアでリセットすることが必要なのです。

マタニティ整体

この度はご懐妊おめでとうございます。
日々お腹の中で成長していく我が子に言い表せない愛おしさを
感じていらっしゃるのではないでしょうか

母としての自覚も芽生えてくる一方
お子さんの成長とともに刻一刻と身体の変化にも
気づかれているのではないでしょうか?

ホルモンバランスが変わって不調が出てくる

周産期が進むにつれホルモンの影響で
骨盤は開き出産の準備を迎えるわけですが
骨盤が開くことで身体の土台が不安定になり
妊娠後、特有の症状が出てきます。

また、お腹が大きくなることで疲れやすく
肩こりや首こりといった疲労感が蓄積してくると
出産後にも影響してきますしマタニティブルーの
原因にもなりますのでしっかりケアすることをオススメいたします

妊婦さんにケア(施術)は必要?

妊娠は母体にとって“ハードな仕事

妊娠はひとつの生命を誕生させる神秘的なできごと。
40週かけて“わずか0.1ミリの卵子”から約50センチもの大きさの赤ちゃんにまで育て上げるのです。

これは本当に大変なお仕事なのです。
当然、母体にも相当な負担がかかります。しかし、ほとんどのお母さんは“その負担を感じないまま”に出産、育児にいたります。

ダメージが現れるのは出産後・育児中

妊娠中に蓄積したダメージ、そして出産の疲労・消耗はすぐに現れないことの方が多いです。
このダメージの影響は、産後、育児中に現れ、お母さんを悩ませてしまいます。

産後に見られるダメージの影響

症状として見られるのは以下のとおりです。

以上の症状は、精密検査には異常が現れず自律神経の問題として診断されることがほとんどです。
しかし、本当の原因は別のところにあるのです。
そしてなにより“あなたの理想の育児”を行うためにはお母さんの元気と笑顔!健康が大切です。
そしてのその準備は今からしておく必要があります。
大幅に体力を消耗した出産後では間に合わないからなのです。
当院ではあなたの体調に合わせたケアを行なっております!

出産後の赤ちゃんへの影響

それともうひとつ、赤ちゃんの体質についても紹介しておきましょう。

『胎毒(たいどく)』という毒素体質

この胎毒とは字のとおり『母胎の中で赤ちゃんに蓄積する毒素』のことです。
この胎毒(たいどく)は様々な子どもの病気の原因になります。

等の症状の原因となる毒素体質が胎毒なのです。

『胎毒(たいどく)体質』の原因となるもの

胎毒の原因となる要素は次の3つです。

現代の妊婦さんを取り巻く環境は想像以上に厳しいものです。 これら“ストレス” “食事の質” “疲労・過労”を避けて妊娠生活を過ごすことは困難なことです。
知らない間に蓄積する胎毒(たいどく)体質を今のうちから施術して解毒しておくこと。
こういったことにも代々木整体のなごみ整体院の施術は有効です。

妊婦さんへの施術について

ご妊娠されている方で、何かしらのトラブルをお持ちの多数のお客様にご来院頂いております。

マタニティ整体は筋肉のほぐしだけ?

当院はエステのようなただの癒しではなく
身体の中(関節)いにアプローチしていくため
ただの癒しでは味わえなかったすっきり感や
身体の軽さを実感いただけます

マッサージ店が増えていく中
妊娠して身体もきつくなってきて問い合わせると
妊娠していると受けてもらえない・・・

そんな店舗ばかりです
逆に言えばそんな知識もないのに
施術しているということですよね
素人同然の店舗へ大事な身体を預けていると思うと
怖くないでしょうか?

「質より安さを求めています」

というのであればどうぞお安い店舗を探し行かれてください
ただ、大切な身体だからこそ安心できるところがいい
と思う方だけきて頂きたいのです!

妊娠中の不調

妊娠中のお尻の痛み

妊娠後期になってくるとお尻の痛みに悩まされる方も多くなってきます。

などお尻のほっぺ(真ん中)辺りから、ひどくなると太ももの裏の方まで痛みが広がる事もあります。

理由①
これは妊娠後期でお腹が大きくなる事で腰が反ってしまい、腰が原因でお尻に痛みが出てしまう。

理由②
今まで骨盤を支えてきた筋肉が、徐々に骨盤が開いていくことで緩み、お尻の筋肉がさらに頑張って骨盤を支えようと働く為、坐骨神経を圧迫し痛みが出てしまう。

妊娠中の腰痛

骨盤を支える筋肉が出産を迎えるあたり徐々に緩み始め
妊娠後期には身体の土台が不安定になることで痛みとして
自覚していきます

仙腸関節に痛みが出る

骨盤が開いてくることによって
仙腸関節というところの動きが悪くなり
痛みが出てきます

反り腰になって痛みが出る

また、お腹が大きくなることで腰が反り
腰椎にかかる負担が大きくなるため痛みが出てきます

股関節の痛み

骨盤が開くことで股関節も横にせり出します
身体を支えるバランスが崩れ痛みが出ます

恥骨の痛み

骨盤が開くことで物理的に引っ張られ痛みが出ます
対策としてベルトで固定することですが
説明書通りに装着すると帰って痛みが出たり
他のところに痛みが出たりすることがあります
その場合、〇〇部分に装着すると痛みが軽減していきます

確かな技術でお腹のお子様に影響のない施術で行います。
腰を行う際はお腹側に押さないよう行っていきますのご安心ください

ただ、どうしても不安でしたら
やっていただきたい箇所だけお申し付けください

※お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

関連記事
妊娠中に腰痛が出る原因とは?