整体・マッサージを満足度で選ぶなら渋谷代々木なごみ整骨院 | 代々木上原・代々木八幡

Blog記事一覧 > 2018 8月の記事一覧

なかなか治らない腰痛は原因が腰にない?|新宿から電車で5分のなごみ整体院

2018.08.31 | Category: 腰痛

腰が痛くても腰に原因がない?

腰が痛い・・・
整形外科に行きレントゲンを撮ってもらうも骨に原因はない・・・
「骨の隙間が狭いです」と言われました。

と、おっしゃられて来院される患者さんが多いですが
確かに画像では少し狭いのかもしれませんが、はたしてそれだけが原因なのでしょうか?

多かれ少なかれ誰でも骨との隙間が狭かったりするものです。
隙間が狭いだけで腰痛がでるのであれば、世界中腰痛患者であふれかえるはずです。
でも、そんなことはありませんよね。

ではなぜレントゲンで問題が見られないのに腰に痛みがあるのでしょうか?

仮に、腰の筋肉に問題があればマッサージで筋肉をほぐせば痛みは改善するはずです。
しかし、それでも改善しなくてそのあと何件も行って当院に来院される患者さんがあとを絶ちません。

となると、
『腰に原因はない!』ということになります。

これはどういうことなのでしょうか?

腰が原因ではない腰痛の原因の種類とは

1、筋膜

”筋膜”というのをご存知でしょうか?
筋膜は筋肉の周りを包んでいる薄い膜で、全身タイツのようにカラダ中つながっているのです。

だから、筋肉自体は、例えば肩のあたりの筋肉とお尻の筋肉自体は別々の筋肉ですが筋膜を介してそんな遠いところ同士も繋がっています。

そのつながりが結果として腰に痛みをだしています。

どういうことかというと
例えば腰とつながっている所は色々ありますが

2、おなかの奥の筋肉

これも比較的多い症例なのですが、ひとつとしてお腹の筋肉(インナーマッスル=大腰筋)があります。
そのお腹の筋肉が緊張し筋肉本来の伸張性(伸縮性)が低下すると腰を反った時に痛みがでます。

デスクワークや家事などで座っていたり前かがみの姿勢を長時間つづけることでお腹の筋肉が硬くなってきてしまいます。
この場合もいくら腰を治療してもお腹の筋肉が伸縮性を取り戻さない限り腰の痛みは治まりません。

原因がどこかをまず知ることが大事

そんな原因を知らないと
腰が痛いから腰を治療する
治らないからレントゲンを撮る

でも、問題ない。。。

でも、痛い・・・

このように、原因が分からず悩み心因的に痛みが増幅しますます悪循環になってくるんです。

『腰が痛くて腰を治療しても改善しない』
『レントゲンでも問題ない』

でも続く腰の痛みがあるのなら腰以外の原因を考えてみて下さい。
まず原因を知ることが、痛みから解放される第一歩です!

参考文献
http://www.anatomytrains.jp/common/resources/fascia.html

筋膜のつながり

なごみ整体院の腰痛治療

当院へのアクセス

なごみ整骨院

所在地〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-44-7 サンライズビル
電話番号03-6407-0753
予約予約優先
駐車場隣にコインパーキング有
院長 塚本 和繁

ページトップへ