腰痛もゆがみから|代々木公園なごみ整体院 | 整体・マッサージを満足度で選ぶなら渋谷代々木なごみ整骨院 | 代々木上原・代々木八幡

Blog記事一覧 > 腰痛 > 腰痛もゆがみから|代々木公園なごみ整体院

腰痛もゆがみから|代々木公園なごみ整体院

2014.01.29 | Category: 腰痛

骨盤のゆがみがあると背骨も曲がりが出てきます。
そのゆがみをそのままにしておくと、筋肉のバランスが悪くなり筋肉のコリが出てきてしまいます。

マッサージでコリをほぐすのは効果もあり良いことですがせっかくお金を出すからにはマッサージの効果を最大限に発揮し効果を持続させたいものです。

その為にはカラダのゆがみを取り、バランスを整えた上でマッサージを行う事が重要となってきます。

ゆがみと腰痛の関係とは

では、ゆがみがあるとなぜ腰痛が起こりやすくなってしまうのか。
それには大きく分けて二つ理由があります。

体のバランスが崩れると負担がかかり過ぎる部分ができる

体は、下半身を土台とし上半身を支えその上に頭が乗っている状態です。
頭は体重の10%もの重さがあり、骨格だけで言えば首の骨だけでその重さを支えています。

だから首や腰の骨はS字カーブを描き、重さが分散し負担がかからない作りになっています。
そこに筋肉が付きバランスを取るために無意識ではあるけれども筋肉を使って日常の姿勢を取っています。

しかし長時間の同じ姿勢や姿勢の悪い状態が続くと筋肉が硬くなり、筋肉がうまく使えなくなったり、筋肉に引っ張られてゆがみが生じたりしてバランスを崩してしまいます。

すると、腰や首のように重さが集中する部分には特に負荷が大きくなり、筋肉を痛めたり関節を痛めたりして痛みが出てきてしまいます。

ゆがみは骨格だけじゃない

さらに、ゆがみというのは骨格に限ったことではありません。
筋膜と言って筋肉の表面には、骨格に筋肉を固定させる役目の薄い膜があります。

筋膜にはサラサラとした粘性があり筋肉を動かす時にはそれが滑っているのですが、長時間同じ姿勢でいると血行が悪くなり粘度が高くなりネバネバとして滑りが悪くなってしまいます。
このスムーズに筋肉が動かない状態の時に痛みが出てしまいます。

また筋肉自体は一つ一つバラバラですが、筋膜は全身に渡って覆っているので、全身タイツのように全身が繋がった状態になっています。

なので、どこかの筋膜同士の滑りが悪くなりくっついてしまうと、そこから引きつれを起こし全体の筋膜にゆがみが出てしまうのです。

ゆがみからくる腰痛を改善するには

筋膜のくっつきを取る

痛みの直接の原因である筋膜のくっつきを取り、滑りやすくしてあげることです。
痛みが出ている場所に加えて、それを引き起こすおおもとの部分まで施術してあげないと一次的な緩和にしかならないので、検査で原因のところを特定しそこも含めて治療してあげることが必要です。

関節の動きを改善する

腰痛に関しては特に仙腸関節というところの動きが重要になってきます。
正常でもわずかにしか動かない関節なのですが、バランスの崩れなどによって動きが悪くなってしまいます。
それによって腰にかかる負担が増し痛みが出ることがとても多いのです。
仙腸関節の動きを改善することが必要です。

骨格と筋肉を正しい位置を覚えさせる

硬くなった筋肉に引っ張られて骨格もゆがんでしまうので、まずは矯正をして正しい位置に戻してあげることです。
その際に重要なのが、筋肉です。

ここで筋肉が固かったり筋膜のくっつきが多いと、骨格を矯正したところでまた元に戻ってしまいます。

だから筋膜リリースしたりほぐしたりして筋肉の状態を良くし、筋肉にも正しい位置を覚えさせてあげます。

そうすると、体のバランスが整うのはもちろん、筋肉の使われ方も正常になり痛みを出しづらい体になっていきます。

なごみ整体院での腰痛治療

当院では痛いところだけほぐしたり治療したりという、その場しのぎの施術ではなく根本からの施術を行っております。
最初に体のバランスや関節の動き、筋肉の状態を検査し原因がわかった上で施術をしていきます。
ですので、腰痛でも患者さんごとに施術法が違ってきます。

なかなか改善しない腰痛は原因の場所を治療されていないかもしれません。
一度、原因はどこなのか、なんで痛みが治らないのかをわかった上で治療されるといいですね。

当院へのアクセス

なごみ整骨院

所在地〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-44-7 サンライズビル
電話番号03-6407-0753
予約予約優先
駐車場隣にコインパーキング有
院長 塚本 和繁

ページトップへ